103万円の壁と130万円の壁

パートでは103万円の壁・130万円の壁という話をよく聞きますが、アルバイトでも同じなのでしょうか?
同じアルバイトでも既婚者で配偶者控除を受けるなら所得税を支払わない103万円の壁が重要になります。
そこで、独身かつ高校・大学・大学院・職業訓練校・高専などの特定の学校に通う勤労学生がアルバイトした場合の税金対策について考察します。
判り易く言えば主婦がパートした場合に、給与控除65万円と基礎控除38万円で103万になり、103万円を超えると所得税がかかり、130万円を超えると社会保険に加入しないといけなくなります。
勤労学生の場合は、給与控除65万円と基礎控除38万円、勤労学生控除27万円で、130万円で超えると所得税が加算され社会保険に加入します。
所得金額が控除金額より少ない場合は確定申告が不要、つまり年収が130万円未満であれば勤労学生の場合は確定申告と納税が免除になります。
但し、バイト先の企業の方針で入社時に年末調整についての書類を提出するように指導される場合がありますので、例え130万円未満と確定していても提出します。
万が一130万円を超えそうな場合は、勤務時間をセーブして合計所得金額が130万円を超えないように努めましょう。
超えてしまうと所得税を支払うだけでなく扶養からも外れないといけませんので、健康保険などの手続きが面倒になります。
また掛け持ちなどでバイトをしていると、企業の社会保険に加入出来ないので、全額自己負担になる国民健保と国民年金に加入しないといけなくなり大損する可能性があるのでこちらもよく把握しておきましょう。
そんな税金についてですが、もっと詳しく説明してあるサイトがあったので、そちらを紹介します。
税金について詳しく知りたいなら・・・http://taxstrategy-housewife.com